第145回天皇賞(春)予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第145回天皇賞(春)予想

第145回天皇賞(春)が4月29日京都競馬芝3200メートルを舞台に行なわれる。
春のGIシリーズ第4戦目。
本命はオルフェーヴル。
昨年はクラシック3冠プラス有馬記念を制して年度代表馬に輝いた。
しかし前走、阪神芝3000メートルのGII阪神大賞典では2番手追走から3コーナーで大外に逸走。
騎手の急ブレーキにより後方に後退した。
最悪競争中止もあり得る自体だったが直線で再度盛り返して最後は2着に飛び込む粘りを見せた。
中間は調教再審査で修正。
まともに走れば一番強い馬。
相手はヒルノダムール。
昨年の覇者。
フランス遠征によりリズムが狂っていたが前走、阪神大賞典4着で復調の兆し。
この舞台なら完全復活十分。
他では昨年のクラシックではダービー、菊花賞でオルフェーヴルの2着と肉薄したウインバリアシオン、昨年の天皇賞(秋)をレコード勝ちしたトーセンジョーダンは距離克服なら侮れない。



◎オルフェーヴル
○ヒルノダムール
▲ウインバリアシオン
△トーセンジョーダン


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。