第140回天皇賞(秋)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第140回天皇賞(秋)

第140回天皇賞(秋)が11月1日東京競馬場芝2000メートルを舞台に行なわれる。
秋のGIシリーズ第4戦目。
前走、京都大賞典で復活勝利を遂げたオウケンブルースリが楯獲り目指してこの天皇賞(秋)に参戦する。
昨年4月26日福島競馬場芝2000メートルの3歳未勝利と、遅いデビューを迎えたオウケンブルースリだが、初戦は2着に敗れてしまった。
初勝利はデビュー3戦目の中京競馬場芝2000メートルの3歳未勝利戦。
2着馬に4馬身差をつける圧勝だった。
この初勝利を皮切りに能力開花したオウケンブルースリは夏の間に条件戦を連勝。
未勝利勝ちと合わせて3連勝を決めた。
夏の上がり馬として出走した重賞初挑戦の舞台は菊花賞トライアル・神戸新聞杯。
ダービー馬ディープスカイも顔を揃える重要な1戦でオウケンブルースリは3着に健闘し、クラシック最終戦となる菊花賞の出走権を得た。
本番菊花賞ではダービー馬ディープスカイ不在もありファンはオウケンブルースリを1番人気で迎える。
そしてファンの期待に応えて優勝。
4月のデビューから僅か4ヶ月で菊花賞を制覇してGI馬に登りつめた。
だが、この勝利の後、オウケンブルースリは低迷。
ジャパンカップ5着、今年初戦となった阪神大賞典では7着と敗れる。
天皇賞(春)を前に脚部不安が発覚して天皇賞を回避して休養。
しかし、この休養が功を奏して秋初戦となった前走、京都大賞典で見事復活勝利を決めた。
東京コースは昨年のジャパンカップ5着のみだが、左回りコースは中京と新潟で勝利実績があり問題ない。
菊花賞以来のGI勝ちを決めて本当の復活を飾ることができるか。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。