第23回セントウルステークス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第23回セントウルステークス

第23回セントウルステークスが4回阪神開幕週、2日連続重賞の2日目に行なわれる。
GIスプリンターズステークスの前哨戦であり、夏競馬の延長としてサマースプリントシリーズ最終戦としても行なわれる。
春のスプリントGI高松宮記念を制して5歳にして悲願のGI初制覇を果たしたローレルゲレイロがGI安田記念15着以来の復帰戦を迎える。
2006年6月、函館競馬場芝1000メートルの新馬戦でデビュー。
後に福島牝馬ステークスを制して重賞ウイナーとなるマイネカンナに3馬身半差をつけて初戦を快勝する。
その後、函館競馬場芝1200メートルの2歳オープン、ラベンダー賞3着、GIII函館2歳ステークス2着、GIIデイリー杯2歳ステークス2着、GIII朝日杯フューチュリティステークス2着と勝ちきれなくともすべて3着以内にまとめる安定感を見せた。
明けて3歳になってもGIIIシンザン記念3着、アーリントンカップ2着と相変わらず崩れはないが勝ちきれない詰めの甘さも露呈していく。
そして迎えたクラシック初戦、GI皐月賞で10着に敗れて初めて掲示板を外した。
続く、東京競馬場芝1600メートルのGI・NHKマイルカップに出走。
1着馬が17番人気、3着馬が最低18番人気と大荒れのレースだったが、1番人気ローレルゲレイロは持ち前の安定感で2着を死守した。
そして日本ダービーに挑んだが2400メートルの距離が堪えたが13着と大敗し、2度目の掲示板外となった。
このレースを境にローレルゲレイロはスランプに陥り、持ち前の安定感を見せることなく、新馬戦の1勝のみで3歳シーズンを終える。
そして2008年初戦、東京競馬場芝1600メートルのGIII東京新聞杯で先行抜け出しから、1着ゴール。
新馬戦以来の2勝目を挙げて、重賞初制覇も決めた。
続く阪急杯も勝って重賞連勝。
本格化を迎えたかに見えたが、そこから勢いが続かずGI高松宮記念4着など勝ちきれないローレルゲレイロに戻ってしまった。
5歳を迎えた今年に阪急杯2着からGI高松宮記念で悲願のGI制覇を達成した。
続く安田記念では何と15着と大敗。
再び上昇気流に乗れるか、またも低迷に嵌るか、秋初戦が重要だろう。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。