競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 競馬情報コンテンツ ≫ 第16回函館スプリントステークス結果

第16回函館スプリントステークス結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第16回函館スプリントステークス結果

第58回函館スプリントステークスが今年は札幌競馬場芝1200メートルで行なわれた。
ヤマニンウイスカー、フサイチセブンと札幌シリーズは開幕から2週続けてメインレースを3歳馬が制しているが、今週も3歳馬だ。
勝ったのは1番人気で3歳牝馬グランプリエンゼル。
最軽量51キロを活かしての勝利だった。
2着は札幌の馬場を最も得意とする9歳馬で8番人気タニノマティーニ、3着は一度、2番人気エーシンエフダンズが3位に入線したが審議の結果進路妨害が認められれ8着に降着。
4位入線の12番人気ブラックバーズピンが繰り上がって3着となった。
エーシンエフダンズの藤岡康太騎手は4日間の騎乗停止となった。
グランプリエンゼルはレースレコードとなった前走、NHKマイルカップで3着となるなど3歳短距離戦線で活躍したが重賞は今回が初勝利。
函館スプリントステークスでも3歳牝馬の優勝は初めて。
グランプリエンゼルの鞍上、熊沢重文騎手は2005年阪神ジュベナイルフィリーズをテイエムプリキュアで制して以来の重賞制覇となった。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。