第49回きさらぎ賞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第49回きさらぎ賞

関西でもクラシック戦線の熱い戦いが続いている。
2月15日京都競馬場では芝1800メートルのGIII第49回きさらぎ賞が行なわれる。
そこに前走、GIIIラジオNIKKEI杯2歳ステークスで単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されながら2着に敗れたリーチザクラウンが巻き返しをかけ出走する。
昨年10月、京都競馬場芝1800メートルでデビューしたリーチザクラウンは2着に敗れる。
この時の勝ち馬は今年に入り若駒ステークスを圧勝したアンライバルドで3着馬はGI阪神ジュベナイルフィリーズを制したブエナビスタという超ハイレベルな新馬戦だった。
その後、同じく京都競馬場芝1800メートルの未勝利戦で後続に大差をつける逃げ切り勝ちを演じた。
そして阪神競馬場芝1600メートルの千両賞も逃げ切り勝ち。
2連勝で挑んだ重賞初挑戦となった前走、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでも逃げたがゴール前、ロジユニヴァースに交わされ4馬身離されての2着に終わった。
今回、陣営の最大のテーマは「脚質転換」
今までの“逃げ”で、これからの大レースを勝ち抜いていくのは難しい。

今回、最大の敵は相手よりまず自分。
気持ちを押さえて有り余るスピードをコントロールで来た時、リーチザクラウンは父と同様の栄光の道が開ける。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。