競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 競馬予想と結果を公開中 ≫ 第60回朝日杯フューチュリティステークス予想

第60回朝日杯フューチュリティステークス予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


第60回朝日杯フューチュリティステークス予想

牡馬・牝馬総合の2歳チャンプ決定戦の朝日杯フューチュリティステークスだが、今年は牝馬の参戦はない。
牡馬16頭による争いとなった。
本命は2枠3番セイウンワンダー。
9月に行われた新潟2歳ステークス以来の実戦となるが、その新潟2歳ステークスが圧巻。
道悪の馬場を出遅れながら大外から上がり34秒4の末脚で差し切りV。
中間、蹄球炎で予定していた東京スポーツ杯2歳ステークスを使えなかったのは誤算だが、調教量に問題はない。
父グラスワンダーに続く父子制覇のチャンス十分。

相手はブレイクランアウト。
骨折から約1ヶ月で復帰してくる武豊騎手騎乗でも話題だが、馬自体の能力も相当。
前走はスローペースにはまり上がり33秒4の末脚を駆使しながら勝ち馬を捕らえ切れなかった。
しかし、今回はペースは速くなりそうで展開は向きそう。
他はペリエ騎乗で2戦2勝のミッキーパンプキン、レコードペース逃げて2着に粘ったホッコータキオン。

◎セイウンワンダー
○ブレイクランアウト
▲ミッキーパンプキン
△ホッコータキオン


競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証! 新着情報


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。