月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第32回新潟2歳ステークス予想

第32回新潟2歳ステークスが8月26日新潟競馬メインレースとして行なわれる。
芝1600メートルの2歳GIII。
本命はトーセンレディ。
前走、6月10日東京芝1800メートルの2歳新馬戦。
中団追走から内をついて伸びて快勝と高いセンスを感じさせる勝利。
今回は約2ヶ月と間隔は空いたが調整十分。
距離短縮も歓迎で連勝期待。
相手はエフティーチャーミー。
前々走、新潟直線コースの新馬戦を好位から抜け出して完勝。
続く前走、新潟芝1400メートルのオープン特別ダリア賞はクビ差2着もメンバー最速の上がり34秒7の末脚を駆使するなど適応力高い。
今回は更に距離延長で末脚全開。
他では前走、新潟芝1600メートルの新馬戦を勝ち上がったメイショウオオゼキ、前走、小倉芝1800メートルの新馬戦を出遅れながら差し切ったカラフルブラッサム。



◎トーセンレディ
○エフティーチャーミー
▲メイショウオオゼキ
△カラフルブラッサム

スポンサーサイト

第17回エルムステークス予想

第17エルムステークスが8月25日札幌競馬メインレースとして行なわれる。
ダート1700メートルを舞台とするGIII。
本命はサイレントメロディ。
今年3月中山ダート1700メートルGIIIマーチステークスで重賞初制覇。
続く京都ダート1900メートルのGII東海ステークスは0秒1差3着。
そして前走は約3ヶ月の休み明け、斤量57キロで札幌ダート1700メートルのオープン特別しらかばステークス勝ち。
今回は叩き2戦目で前走と同じコース、斤量1キロ減。
連勝期待。
相手はクリールパッション。
2010年のこのレースの勝ち馬。
前走は休み明けの上にスタート後に落鉄。
今回は叩き2戦目。
札幌ダートコースは過去4勝。
変わり身十分。
他では現在4連勝中の上がり馬ローマンレジェンド、前走、交流GI帝王賞2着と復調を見せるエスポワールシチー。


◎サイレントメロディ
○クリールパッション
▲ローマンレジェンド
△エスポワールシチー


第48回札幌記念予想

第48回札幌記念が8月19日札幌競馬メインレースとして行なわれる。
芝2000メートルを舞台としたGII。
サマー2000シリーズ第4戦目。
本命はヒットザターゲット。
3走前、福島芝2000メートルのオープン特別福島民放杯勝ち。
前々走、新潟芝2000メートルGIII新潟大賞典を勝って重賞初制覇。
連勝の勢いに乗って前走、阪神芝2200メートルGI宝塚記念に挑んだが3秒5差11着と大敗した。
今回はGIからGIIIへ。
距離も1ハロン短縮。
芝2000メートル戦は8戦5勝。
条件好転で一変へ。
相手はヒルノダムール。
昨年のGI天皇賞(春)を制したGI馬。
連覇を狙った今年の天皇賞は11着。
ステイヤーとの印象強いが芝2000メートルもGII大阪杯勝ちやGI皐月賞2着など実績あり。
斤量1キロ減でもあり軽視禁物。
他では昨年急成長を遂げたダークシャドウ、洋芝巧者のマイネルスターリー。



◎ヒットザターゲット
○ヒルノダムール
▲ダークシャドウ
△マイネルスターリー


ポプラステークス予想

ポプラステークスが8月18日札幌競馬メインレースとして行なわれる。
芝2000メートルの準オープン。
ハンデ戦。
本命はエドノヤマト。
前走は約3ヶ月ぶりのレースで札幌芝1800メートルの準オープンに出走。
マイナス6キロの馬体重もあり反応イマイチ。
0秒9差6着と敗れた。
一度叩かれて上体上向き。
中間の動きも一変している。
ハンデ1キロ減でもあり一変期待。
相手はサトノタイガー。
前走、4月1日中山芝1600メートルのGIIIダービー卿チャレンジトロフィーで0秒9差13着。
今回は休み明けとなるが準オープンに降級。
ここでは力上位。
他では本格化した良血馬アドマイヤテンバ、昨年の2着馬ギンザボナンザ。



◎エドノヤマト
○サトノタイガー
▲アドマイヤテンバ
△ギンザボナンザ


第47回関屋記念予想

第47回関屋記念が8月12日新潟競馬メインレースとして行なわれる。
芝1600メートルのGIII。
サマーマイルシリーズ第2戦目。
本命はマイネイサベル。
前走、東京芝1600メートルの牝馬限定GIヴィクトリアマイルに出走。
再三前が詰まる不利を受けながら0秒5差6着と健闘。
3戦2勝3着1回と相性の良い新潟へのコース替わり大歓迎。
鉄砲も苦にしない。
相手はレインボーペガサス。
昨年の覇者。
今回は9ヶ月ぶりの実戦となるが問題ない。
連覇期待。
他では末脚鋭いネオサクセスはコース替わり歓迎、マイルでGIII勝ち、GI2着の実績あるドナウブルー。



◎マイネイサベル
○レインボーペガサス
▲ネオサクセス
△ドナウブルー


シンガポールターフクラブ賞予想

シンガポールターフクラブ賞が8月11日札幌競馬メインレースとして行なわれる。
芝1200メートルの1000万特別。
本命はフレデフォート。
3走前、函館芝1200メートルの1000万特別では直線前が塞がり0秒8差14着。
前々走は函館芝1200メートルの準オープンに格上挑戦して0秒8差8着。
前走は函館芝1200メートルの自己条件に戻ってクビ差2着。
今回は3戦して着外なしの札幌へコース替わり。
勝機十分。
相手はグレナディーン。
前走、約3ヶ月の休み明けで札幌芝1200メートルの1000万特別に出走。
クビ差2着と健闘。
今回は叩き2戦目で引き続き相性の良い札幌芝コース。
前進。
他では末脚が活きる流れならウイニングドラゴン、札幌芝コース3戦2勝2着1回とジャーエスペランサ。



◎フレデフォート
○グレナディーン
▲ウイニングドラゴン
△ジャーエスペランサ


第48回小倉記念予想

第48回小倉記念が8月5日小倉競馬メインレースとして行なわれる。
芝2000メートルを舞台とするGIII。
ハンデ戦。
サマー2000シリーズ第3戦目。
本命はゲシュタルト。
前走は約5ヶ月ぶりのレースで福島芝2000メートルのGIII七夕賞に出走。
馬場の悪い最内を通らされて力を出し切れず0秒4差7着。
今回は叩き2戦目で馬場の良い小倉に替わって一変。
相手はナリタクリスタル。
新潟記念2勝、中京記念勝ちと重賞3勝とこのメンバーでは実績上位。
小倉コースでも中京記念勝ちと実績十分。
トップハンデ58キロでも。
他では前走、七夕賞では直線スムーズさを欠いて2着に敗れたトーセンラー、降級の前走を貫禄勝ちしたダノンバラード。



◎ゲシュタルト
○ナリタクリスタル
▲トーセンラー
△ダノンバラード


札幌日経オープン予想

札幌日経オープンが8月4日札幌競馬メインレースとして行なわれる。
芝2600メートルのオープン特別。
本命はモンテクリスエス。
GIIIダイヤモンドステークス勝ちなど長丁場には実績あり。
前走、阪神芝2200メートルのGI宝塚記念では4秒差13着と大敗したが今回はオープン特別で斤量2キロ減。
距離延長はもちろん歓迎で一変十分。
相手はエジソン。
前走、札幌芝1800メートルの準オープンで0秒6差4着。
札幌芝コースは4戦して掲示板外なしと相性良し。
斤量2キロ減で前身。
他ではデビューから4着以下なしのルルーシュ、6ヶ月の休み明けも鉄砲得意なドリームセーリング。



◎モンテクリスエス
○エジソン
▲ルルーシュ
△ドリームセーリング


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS ||
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。