月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第41回ダービー卿チャレンジトロフィー

春のGIシリーズに突入した中央競馬。
しかし今週はGIレースは組まれておらず東西でGI戦線への前哨戦が組まれている。
中山競馬場では古馬によるマイルのハンデ戦、第41回ダービー卿チャレンジトロフィーが行なわれる。
昨年の覇者サイレントプライドを筆頭に中山マイル戦得意なショウワモダンなどのメンバーが出頭予定。
絶対的な中心馬でハンデ戦ということもあり、かなりの混戦模様となっている。
安田記念を頂点とするマイル路線は昨年の覇者ウオッカが今年も参戦するか流動的、昨年のマイルチャンピオンシップの覇者、ブルーメンブラットは既に引退しているなど今年も核になる馬はいいない状態だ。
このダービー卿チャレンジトロフィーからマイルの中心候補馬は出るか注目しよう。

スポンサーサイト

第53回大阪杯

春のGIシリーズは今週は小休止。
阪神競馬場では春の天皇賞へ向けての最後の前哨戦となる第53回大阪杯が行なわれる。
注目は2008年最優秀3歳牡馬ディープスカイだろう。
昨年はNHKマイルカップ、日本ダービーの変則2冠を達成。
秋はトライアル神戸新聞杯を勝つものの距離適正を考慮して菊花賞には向かわず古馬相手の天皇賞(秋)に挑んだ。
そこでウオッカ、ダイワスカーレットに続いてタイム差なしの3着に入って力を示した。
続くジャパンカップではスクリーンヒーローの強襲に屈したが2着は確保した。
今回はそのジャパンカップ以来の復帰戦となる。
この後は天皇賞には向かわず安田記念、そして海外遠征も視野に入っている。
青写真通り事を進めるためにもここは負けられない。


第57回日経賞予想

春の天皇賞へむけて関東最大の前哨戦、第57回日経賞。
本命は6枠9番アーネストリー。
2007年7月の新馬戦で後のオークス馬トールポピーや皐月賞馬キャプテントゥーレを下してデビュー勝ち。
その後、体質の弱さなどで2008年3月まで休養。
復帰2戦は足踏みだったが叩き3戦目でようやく2勝目を挙げる。
そこからリズムに乗ってきたのか成績を上げて行き、前走、準オープン勝利で待望のオープン入りを果たした。
前走で2着に負かしたナムラクレセントは昨年の菊花賞3着馬で先週の阪神大賞典でも3着に好走している。
アーネストリー自身は今回重賞初挑戦となるが格負けしない。
相手はネヴァブション。
中山芝2500メートルは一昨年の日経賞勝ちを含めて3戦3勝と舞台設定は申し分ない。
鞍上も今年絶好調。
他では常に僅差で警戒必要なアルナスライン、本格化の兆しをみせたモンテクリスエス。

◎アーネストリー
○ネヴァブション
▲アルナスライン
△モンテクリスエス


第39回高松宮記念

今週から中央競馬は春のGIシリーズが開幕する。
その第一弾は中京競馬場で行われる唯一のGI芝1200メートルの電撃戦第39回高松宮記念だ。
主役不在の混戦状態が続いていたスプリント戦線に昨年、ヒロインが誕生した。
スリープレスナイトだ。
ダート1200メートルで2連勝後、芝1200メートルの重賞を3連勝。
通算5連勝で最後にGIスプリンターズステークスを制したのだ。
だが、その後は脚元の不安で香港遠征を取りやめ、さらに蕁麻疹を煩いドバイ遠征も中止となってしまった。
傷ついた電撃ヒロインが今年新たなスター街道を歩むことができるか注目だ。


第57回日経賞

今週も中央競馬は重賞レース4本立て。
日曜の中京では今年の中央競馬第2弾で春のGIシリーズ開幕戦となる高松宮記念も行なわれる。
そしてその前日、中山競馬場では天皇賞(春)の前哨戦の一つ第57回日経賞が行なわれる。
有馬記念と同じ中山競馬場芝2500メートルで争われるレースだ。
前走、ダイヤモンドステークスで待望の重賞初勝利を果たしたモンテクリスエスが重賞連勝を狙ってここへ挑んでくる。
遅咲きのシンボリクリスエス産駒がいよいよ本領発揮か。
遅咲きといえば親子4代天皇賞制覇を目指すメジロマックイーン産駒ホクトスルタンが昨年の目黒記念以来の復帰戦を迎える。
この1年余りの休養でどこまで成長したか注目だ。
古馬戦線も熱を帯びてきた。


第57回阪神大賞典予想

天皇賞(春)の前哨戦、第57回阪神大賞典が阪神競馬場芝3000メートルで行なわれる。
本命は8枠12番オウケンブルースリ。
昨年4月、福島の未勝利戦でデビュー。
2着に敗れる。
初勝利はダービーが終わった6月の中京の未勝利戦と春のクラシックとは縁がなかった。
しかし、未勝利勝ち後は3連勝を飾り、神戸新聞杯3着で菊花賞の出走権をゲット。
GI初挑戦となった菊花賞で大輪を咲かせてデビュー約半年でクラシックホースに登り詰めた。
その後は古馬初対決となったジャパンカップでも5着と健闘している。
今回は休み明けだが明け4歳の上昇度魅力。
相手はスクリーンヒーロー。
この馬も昨年の夏から秋にかけて急上昇した上がり馬。
アルゼンチン共和国杯で重賞初勝利をあげると続くジャパンカップでGI初制覇。
絶好調の鞍上を迎えて春の楯へ視界良好。

他では京都記念で復活を果たしたアサクサキングス、休み明け得意のエアジパング。

◎オウケンブルースリ
○スクリーンヒーロー
▲アサクサキングス
△エアジパング


第57回阪神大賞典

春の天皇賞最大の前哨戦である第57回阪神大賞典。
阪神競馬場芝3000メートルの長丁場に古馬のトップが集う。
昨年のジャパンカップ優勝馬スクリーンヒーローは目下全国リーディングトップの横山典弘騎手が騎乗して出走する。
横山騎手は現在重賞4連勝中であり、スクリーンヒーローで自身初の重賞5連勝を狙う。

デビュー約半年のキャリアで菊花賞を制したオウケンブルースリも今年初戦として阪神大賞典に出走する。
古馬になりどれだけ成長したかも見所だろう。

京都記念で長いスランプから脱した一昨年の菊花賞馬アサクサキングスもここで勝てればその復調も本物といえるだろう。
古馬GI馬による競演。
今週の阪神競馬場も見逃せない。


第58回スプリングステークスの展望など。

皐月賞最終トライアル、第58回スプリングステークスが中山競馬場芝1800メートルを舞台に行なわれる。
過去、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、ナリタブライアン、ミホノブルボンなど幾多の2冠馬または3冠馬を輩出してきた由緒あるレースだ。
今年の出走馬にそのネオユニヴァース産駒アンライバルドがいる。
デビュー以来3戦2勝。
リーチザクラウン、ブエナビスタを破ったデビュー戦は今や伝説の新馬戦といわれている。
半兄フサイチコンコルド、父ネオユニヴァースともにダービー馬。
「無敵」を意味する馬名からも頂点を極めることが義務付けされた馬だ。


第58回スプリングステークス

今週は東西で春のGIを占う重要なレースが多数組まれている。
皐月賞トライアルも今週東西で組まれ中山競馬場では皐月賞トライアル第58回スプリングステークスが行なわれる。
注目はやはりアンライバルドだろう。
父ネオユニヴァース、母バレークイーン。
ダービー馬フサイチコンコルドの弟である。
昨年11月京都芝1800メートルの新馬戦でデビューし勝利する。
このレースの2着馬は先月きさらぎ賞を勝ったリーチザクラウン、3着馬は2歳女王でチューリップ賞も圧勝し桜花賞最有力候補のブエナビスタという超ハイレベルな新馬戦だった。
その後、京都2歳ステークスで3着に敗れた後、一旦休養する。
復帰戦は今年1月のオープン若駒ステークス。
ここで馬なりのまま2着馬に3馬身以上の差をつけて勝利した。

その他にも昨年の朝日杯フューチュリティステークス2着以来となるフィフスペトルは鞍上に武豊騎手を配し必勝体制で挑む。
きさらぎ賞2着のリクエストソングなど伏兵も多く皐月賞への権利取りをかけた戦いは熾烈を極めそうだ。


第27回中山牝馬ステークス予想

ヴィクトリアマイルの前哨戦でもある古馬牝馬によるハンデGIII第27回中山牝馬ステークス。
本命は8枠16番トールポピー。
阪神ジュベナイルフィリーズ、オークスとGI2勝はこのメンバーに入れば断然格上。
オークス制覇後はリズムを崩していたが休養でリフレッシュ。
休み明けには不安はなく女王復権へむけて再始動する。
相手はヤマニンメルベイユ。
過去2度このレースに出走し3着1着。
先行有利に流れやすい中山芝1800メートルの条件はこの馬には絶好。
休み明けも問題ない。
他では重賞初制覇の舞台でラストランを迎えるキストゥヘヴン、末脚鋭いリビアーモ。

◎トールポピー
○ヤマニンメルベイユ
▲キストゥヘヴン
△リビアーモ


第27回中山牝馬ステークス

春の古馬牝馬GI第4回ヴィクトリアマイルにむけての前哨戦の一つ第27回中山牝馬ステークスが今週の中山競馬場で行われる。
ハンデ戦で行なわれるレースのためか例年、GI級の馬の参戦はないが今年は様子が違うようだ。
昨年のオークス馬トールポピーが昨年の秋華賞10着以来の復帰戦を迎える。
オークス制覇後はリズムを崩したかのように歯がゆいレースを続け、巻き返しを狙ったエリザベス女王杯ではレース前、鼻出血を発症し回避しそのまま休養に入った。
そしてもう1頭のGI馬は2006年の桜花賞馬キストゥヘヴンだ。
キストゥヘヴンは今回が引退レースとなる。
重賞初制覇を果たしたフラワーカップと同じ舞台、中山競馬場芝1800メートルの舞台で最後の重賞勝ちを決めることができるか。
女王復権とラストラン。
GI馬2頭がそれぞれの思惑を胸に中山を駆ける。


アネモネステークス

阪神競馬場で今週、桜花賞トライアル「フィリーズレビュー」が行なわれるが中山競馬場でも桜花賞トライアルが行なわれる。
中山競馬場芝1600メートルで行なわれるオープン特別アネモネステークスだ。
2着までに桜花賞への優先出走権が与えられる。
昨年優勝のソーマジックは桜花賞で3着に入った。
今年の出走予定馬で注目はアイアムネオだろうか。
昨年12月中山芝1600メートルの新馬戦でデビュー。
初戦を勝利で飾ると2戦目はGIIIのフェアリーステークスに挑戦した。
そこでジェルミナルの2着に健闘している。
今回は3戦目になるがデビューから中山芝1600メートルを使い続けて、1着、2着と結果を残している。
父ネオユニヴァースは先週、弥生賞で無敗の4連勝を飾ったロジユニヴァースと同じ。
皐月賞と同様、桜花賞戦線にもネオユニヴァース旋風を起こすことができるか。


第43回フィリーズレビュー

チューリップ賞でブエナビスタが圧勝し桜花賞へ王手をかけた感があるが今週も阪神競馬場で桜花賞トライアル第2弾は行われる。
芝1400メートルで争われる第43回フィリーズレビューだ。
昨年はフィリーズレビュー3着馬レジネッタが桜花賞を制している。
2歳女王ブエナビスタが出走したチューリップ賞には登録馬が集まらなかったが、こちらは一転して39頭もの登録馬が集まった。
注目を集めそうな馬はミクロコスモスだろうか。
前走、クイーンカップでは1番人気に推されながら4着に敗れ、賞金の上積みに失敗した。
今のままでは桜花賞出走は厳しい状況のたトライアルでの権利取りは必須だ。
ブエナビスタ1強ムードの桜戦線に待ったをかける馬の出現を望む。


第4回オーシャンステークス予想

GI高松宮記念前哨戦、第4回オーシャンステークスが中山競馬場芝1200メートルを舞台に行なわれる。
本命はキンシャサノキセキ。
南半球産のため同世代の馬より成長が遅く素質はあるが成績が安定しなかったキンシャサノキセキだったがスプリント路線に絞った昨年は高松宮記念・スプリンターズステークスと春・秋のスプリントGIで連続2着や函館スプリントステークスで待望の重賞初勝利を飾るなど実りの多い一年となった。
今回はスプリンターズステークス以来5ヶ月の休み明けとなるが鉄砲は問題なく斤量57キロも有利。

相手はサープラスシンガー。
前走は前半3ハロン33秒6で飛ばしながら0秒3差5着に粘る上々の内容。
中山芝は4戦2勝2着2回と連対100%。
他では初の芝1200メートルの前走を出遅れながら完勝し、今回連闘策できたアーバニティ、シルクロードステークス2着のソルジャーズソング。

◎キンシャサノキセキ
○サープラスシンガー
▲アーバニティ
△ソルジャーズソング


第46回弥生賞

中山競馬場芝2000メートル皐月賞トライアル第46回弥生賞が今週いよいよ行なわれる。
クラシックレースへの関連性が非常に強いレースだけに毎年、クラシック候補と呼ばれる馬が集まるが今年はより豪華メンバーが集まった。
デビュー3連勝、重賞2勝ネオユニヴァース産駒ロジユニヴァース、GI朝日杯フューチュリティステークス勝ちのグラスワンダー産駒セイウンワンダーを中心に未勝利勝ちから3連勝で京成杯を勝ったアーリーロブストやシンザン記念勝ちアントニオバローズ、京王杯2歳ステークス勝ちナカヤマフェスタ、函館2歳ステークス勝ちで朝日杯フューチュリティステークス2着のフィフスペトルは三浦皇成騎手が騎乗する。
このレースを制した馬が今年のクラシックの主役を張るのは間違いない。


第4回オーシャンステークス

今週も重賞3本立ての豪華版。
中山競馬場では土日ともにGI前哨戦の重賞が組まれている。
まずは土曜日のメインは高松宮記念の前哨戦第4回オーシャンステークス。
昨年のスプリンターズステークス2着以来、休養していたキンシャサノキセキがここで復帰する。
フジキセキ産駒だが、ニュージーランド産まれの外国産馬という変り種だ。
南半球産で成長が遅いといわれてきたが今年6歳を迎えた。
そろそろ欲しいGIタイトル。
今年が勝負の年だろう。
前哨戦から負けられない1戦だ。


第83回中山記念結果

2回中山開催開幕週メインは第83回中山記念が行なわれた。
昨年優勝の1番人気カンパニーが連覇を達成した。
鞍上は横山典弘騎手。
2着は後方から鋭い伸び脚を見せた4番人気ドリームジャーニー、3着は中山金杯を勝った2番人気アドマイヤフジ。
有馬記念3着、AJCC2着と好調だったエアシェイディは5着に終わった。
カンパニーは今回が重賞6勝目。
鞍上、横山典弘騎手は今年早くも重賞3勝目で中山記念は3年連続連対と相性の良さを示した。


Copyright (C) 競馬無料予想まるかじり!競馬情報の評価・検証!. All Rights Reserved.
サイトマップRSS ||
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。